エナジードリンクの有効成分とは?

疲れている時に飲めば瞬間的には気分が改善するエナジードリンクには、どんな成分が含まれているのでしょう。有効な成分は積極的に摂っていきましょう

■エナジードリンクの主な成分について
エナジードリンクによく含まれている成分として、アルギニンとカフェインが挙げられます。この二大成分がエナジードリンク人気に火を付けているといっても言い過ぎではありません。
その他にはビタミン類や炭水化物が含まれており、美味しい味付けもなされています。
他のジュースよりも飲みごたえがあるため、小さい缶なのに200円以上という倍近くの値段がするにも関わらず、売れ行きは良好のようです。

■アルギニンとカフェインの効果
アルギニンには血管を拡張させるような効果があります。血管が狭くなることでさまざまな症状を引き起こす高血圧や、下腹部への血流が悪くなることで発生しているED、血流が悪いことで発生する冷え性によく効く成分です。
カフェインはコーヒーに含まれている成分として知られています。眠気を覚ます効果に加えて、ストレスを軽減する効果もあることがわかっています。
これらの成分により、エナジードリンクを飲むことで精力アップの効果が期待できるわけです。ただし、カフェインについては大量摂取による中毒症状が確認されています。もちろんエナジードリンクも飲み過ぎることでさまざまな危険が生まれるため、注意しましょう。