男女それぞれの精力アップ

精力剤といえば男性のための薬というイメージがありますが、一部の薬は女性が服用しても効果があったり、女性専用として製造、販売されている精力剤もあります。
女性にも男性と同じようにセックスを楽しみたいという欲求があるもので、女性用の精力剤に需要があるのです。

■女性の精力と性行為との関係
女性の場合は挿入される側であるため、膣の中は十分に湿らせておき、肌も柔らかくしておく必要があります。そうでなければ性行為により膣内が傷つき、痛みや出血を伴うからです。
しかし加齢により肌の細胞からはコラーゲンがしだいに減少していくことがわかっています。新陳代謝も低下していくため、ハリや弾力を保てなくなってしまいます。
いわゆる「愛液」も分泌量が低下するため、性行為に支障が出てくるのです。

■女性の性欲は衰えにくい?
肉体的には加齢の影響による性能力低下が大きくなりますが、一方で性欲は同世代の男性よりも下がりにくことがわかっています。男性の場合は20代をピークに下がっていくものですが、女性は20代から40代まで、むしろ性欲が高まっていくケースも珍しくありません。
そのため、精力剤の需要はむしろ女性にこそ高いとも言えます。
性行為は健康上のメリットが大変高いため、「この歳になって性行為なんて、年甲斐もない」などと思わずに、精力剤を利用するのも有効です。